宅建試験の民法解説:権利関係

 【分かりやすい民法解説】権利関係を得意科目にしましょう!

民法上の成年は18歳となって成年擬制も18歳となるなど、2020年4月を目安に大きく改正された民法が順次施行される予定です。試験年4月時点で施行済みのものは改正点が分かるように修正していきます。平成30年度宅建試験で特に注意すべき改正点はありません。


初めに ★★
民法を制する者は宅建試験を制する?民法を制せずとも宅建試験は受かる?権利関係にどれだけ力を入れるべきか。
民法の全体像 Part.1 ★★
これから権利関係を勉強するにあたり、大前提として押さえておきたい民法の4大原則。
民法の全体像 Part.2 ★★
これから権利関係を勉強するにあたり、基本となる知識。債権とは?物権とは?発生、変更、消滅とは?
胎児の権利能力 ★★★
まだお腹の中にいる胎児にも権利は認められるのか?宅建試験で出題されてもおかしくない3つの権利とは?
未成年者の権利能力 ★★★★
未成年者にも民法上の権利は認められるのか?認められる例外とは?そもそも未成年者とは?
制限行為能力者 ★★★★
制限行為能力者とは?制限行為能力者が契約を行ってしまった場合、制限行為能力者と相手方のどちらを守るべきか。
契約の有効要件 ★★★★
契約が有効に成立するために必要な要件とは?どのような契約は無効となるのか?取り消すことができるのか?
意思の不存在心裡留保等の難問対策版 ★★★★★
心裡留保、通謀虚偽表示、錯誤について。冗談、通謀、勘違い、それぞれがもたらす契約の結末は…?
詐欺と強迫詐欺強迫の難問対策版 ★★★★★
騙されたり、脅されて行った契約。当然のように取り消すことができそうですが、第三者が絡んできた場合は?
無効と取消しの総まとめ ★★★★★
契約が無効となる場合、契約が取り消しうる場合。無効の効果、取消しの効果。無効と取消しを比較。
追認 ★★★★
取り消すことができる行為を取り消さないものと決める意思表示。誰がどのように追認を行うことができるのか。
代理の基本代理の難問対策版 ★★★★
代理とは?顕名とは?法定代理と任意代理の違いなど、まずは代理についての基本の基本を押さえる。
自己契約と双方代理 ★★★
正常に法律行為を成立させるため自己契約と双方代理は禁止されています。しかし、有効となる例外が…。
無権・表見代理無権代理の難問対策版 ★★★★★
無権代理とは?表見代理とは?その効果は?本人が追認するのか相手方が催告するのか?それとも追認を拒絶するのか?
弁済弁済の難問対策版 ★★★
最も一般的な債権消滅事由と言える弁済。場所や時期、提供方法など、弁済の要件を押さえる。
相殺相殺の難問対策版 ★★★
債権者と債務者がお互いに債権債務を有する場合に、その債権債務を対等額で消滅させる意思表示。
時効時効の難問対策版 ★★★
時の経過により権利を取得したり、逆に権利が消滅すること。いつから始まり、いつ時効期間が経過したとするのか。
請負請負の難問対策版 ★★★★
請負人の権利義務と瑕疵担保責任、注文者の義務、そして請負終了までの流れを押さえる。
委任委任の難問対策版 ★★★
委任とは?請負契約などとの違い。委任者の権利義務、受任者の権利義務、委任契約はどのように終了するのか。
債務不履行 ★★★★★
これまでに出てきた債務不履行のまとめ。履行不能とは?履行遅滞とは?そして債務不履行による効果は?
地役権地役権の難問対策版 ★★★
地役権とは?通行地役権と、囲繞地通行権(公道に至るための他の土地の通行権)との違いは?
契約の解除契約解除の難問対策版 ★★★★★
債務不履行を理由とする法定解除、手付や買戻しによる約定解除。それぞれのポイントを押さえる。
保証債務保証の難問対策版 ★★★★★
どのように保証契約を行うのか。保証人となる資格は?保証人に認められる催告の抗弁権、検索の抗弁権とは?
連帯保証連帯保証の難問対策版 ★★★★
通常の保証人よりも責任が重くなる連帯保証人。連帯保証人に生じた事由は、主たる債務者にどのような効力を及ぼすのか。
連帯債務 ★★★
同一債務に対して複数人が連帯負担する債務関係。連帯債務者の一人に生じた事由は、他の連帯債務者に効力を及ぼすのか。
売主の担保責任担保責任の難問対策版 ★★★★★
売買の目的物に瑕疵があった場合に備え、売主に課せられた特別な責任。どのようなケースでどのような責任を負うのか。
共有共有の難問対策版 ★★★★★
数人の者が共同して持分を有し、一つの物を所有する共有。各共有者はどのような行為を行うことができるのか。
抵当権 Part.1 ★★★★★
抵当権の成立からその性質、抵当権者や抵当権設定者の権利など、抵当権についての基礎知識全般について解説。
抵当権 Part.2 ★★★★
抵当不動産の第三取得者の権利、法定地上権から一括競売、根抵当権まで、抵当権についての応用知識について解説。
その他の物権 ★★
地上権、永小作権、留置権、先取特権。宅建試験では出題可能性の低い物権をまとめて見ていきます。
不法行為不法行為の難問対策版 ★★★★★
他人の権利や利益を侵害した者に対して損害賠償責任を問う責任は誰にあるのか。誰が誰に求償できるのか。
賃貸借賃貸借の難問対策版 ★★★
賃料を支払って物を借りる賃貸借契約。その存続期間は?目的物が壊れた場合は?賃借権は譲渡できる?
相続一般相続の難問対策版 ★★★★★
人が死亡した場合に財産が移転する相続。どのような種類があり、誰がどれだけの財産を受けることができるのか。
遺言遺言の難問対策版 ★★★★
人の最後の意思表示である遺言とはどのような方法で行うのか?理不尽な遺言を遺された相続人の遺留分とは?
不動産登記法不登法の難問対策版 ★★★★★
不動産登記法とは?そもそも登記とは?登記が持つ力、登記申請の方法から申請内容などを押さえる。
区分所有法 ★★★
通称マンション法。分譲マンションの仕組みから集会決議など。集会ではどれだけの賛成により何が決められるのか。
借地借家法借借法の難問対策版 ★★★★★
宅建試験で重要となる、建物と土地について定めた特別な賃貸借契約。存続期間、契約の終了や更新などを押さえる。