実はかんたん法令制限

法令上の制限も満点を目指しましょう!

法令上の制限の大半は、宅建業法と同じく簡単に得点することができます。力を入れるべき得点源を明確に!


法令上の制限って何?  ★★
宅建試験で出題される法令上の制限とは?まずは全体像を把握。土地を利用する上での3つの流れを掴んでおく。
国土利用計画法の全体像  ★★
国土利用計画法とは何なのか。その趣旨は?届出制や許可制とは?全体像を把握しておく。
事後届出制  ★★★★★
事後届出が必要となる一団の土地とは?法令上の制限で絶対に取っておくべき科目の一つ。宅建試験の得点源。
事前届出制その他  ★★
事後届出ではなく、事前に届出が必要なケースとは?許可制と届出を怠ったときの罰則も併せて軽めに解説。
都市計画法の仕組み  ★★★★
都市計画法とは?区域区分とは?都市計画はどのように決定されるのか。都市計画法の仕組みを押さえておく。
地域地区・地区計画・都市計画制限  ★★★★
地域地区についての基本事項および地区計画、都市計画制限、その他の都市計画の内容について解説。
開発許可制  ★★★★★
開発許可が不要となる開発行為の例外とは?法令上の制限で絶対に取っておくべき科目の一つ。宅建試験の得点源。
用途制限  ★★★★
それぞれの用途地域にはどのような規制があるのか。住居系、商業系、工業系で建築することができる建物とは?
道路に関する制限  ★★★★
そもそも「道路」とは?道路と敷地や建物との関係は?道路に建物を建築することはできるのか。宅建試験の得点源。
建蔽率  ★★★
建築物の、建築面積の敷地面積に対する割合。敷地いっぱいに建物を建てることができないとしたら、許される限度は?
容積率  ★★★
建築物の、延べ面積の敷地面積に対する割合。建蔽率との違い、前面道路との関係における容積率の規制とは?
高さに関する制限  ★★★
各地域において、どれだけの高さまでの建物を建てることができるのか。各地域に適用される制限とは?
防火・準防火地域  ★★★★
防火地域、準防火地域とは?火災が発生した際、その被害を最小限に食い止めるための工夫とは?宅建試験の得点源。
建築確認  ★★★★★
建築物が建築基準法に適合しているかチェック!法令上の制限で絶対に取っておくべき科目の一つ。宅建試験の得点源。
農地法  ★★★★★
農地法の許可は必要か。何条の許可が必要か。法令上の制限で絶対に取っておくべき・・いえ、宅建業法並みの得点源。
土地区画整理法  ★★★★
土地区画整理事業とは?どのように手続きをするのか?換地処分とは?出題可能性は高いけど盛りだくさんです。
宅地造成等規制法  ★★★★★
宅地造成によって災害が起こりそうな場所とは?法令上の制限で絶対に取っておくべき科目の一つ。宅建試験の得点源。
単体規定と建築協定  ★★★
建物の敷地や構造、設備に関する規定、そして建築協定まで。宅建試験では出題可能性が低い法令上の制限をまとめて解説。
その他の法令制限  ★★★
どのような場合に誰に届け出るのか。許可が必要か。一応宅建試験の出題範囲であるその他の法令制限をまとめて解説。
理解を要する権利関係とは真逆で、徹底的な暗記科目が【法令上の制限】となります。覚えては忘れ、覚えては忘れ、早い復習を繰り返してマスターしてください。やらしい問題も多い宅建業法と異なり、法令上の制限は「単純知識を知っているか」が試されます。見慣れない言葉が多いですが、少し慣れれば宅建業法以上にシンプルな得点源となります。

宅建試験では8問が出題され、宅建合格のための法令制限の目標点数は5~7点です。上記の★印を参考に、取るべき問題と深追い禁物箇所をしっかりと見極めてください。★5は宅建業法並みに完璧を目指してください!