過去問を修正!改正民法問題集

 120年ぶりに大改正された改正民法の問題集

 宅建試験に関連する改正民法の例題です。半分ほどの公開です空欄の問題を含む完全版は宅建インプリご注文時の付属とさせていただいておりますのでご了承ください(インプリオプションでは1問ごとに問題のすぐ下に解説を置き、より覚えやすくなっています)。中~上級者向けです。

宅建合格
改正民法問題集
行為能力と意思表示の改正問題
代理の改正問題
時効の改正問題
債務不履行の改正問題
債権者代位権の改正問題
詐害行為取消権の改正問題
連帯債権の改正問題
連帯債務の改正問題
保証と連帯保証の改正問題
債権譲渡の改正問題
債務引受の改正問題
弁済の改正問題
相殺の改正問題
契約全般の改正問題
贈与の改正問題
売買(契約不適合責任)の改正問題
使用貸借と消費貸借の改正問題
賃貸借の改正問題
請負の改正問題
委任と寄託の改正問題
不法行為の改正問題
相続全般の改正問題
配偶者居住権の改正問題
令和2年(2020年)の宅建試験から「民法」が大きく変わりました。令和2年の本試験では超基本的な問題と難問がハッキリ分かれて少しだけ出題され、令和3年の本試験では「簡単な基本の新知識」と「単に細かい新知識」だけでなく、しっかりと練られた、これまでの権利関係の問題と同様の「理解を要する問題」も多く出題されました。令和4年以降の宅建試験もこの傾向が続き、改正民法がバンバン出題されるものと思われます

個人的に「理解のための長い解説」は逆に分かりにくくなって好きではないのですが、まだ多くが「未出題の知識」のため少し詳しめに解説しておきます。宅建試験で最も難易度が高い民法の中でも更に難易度が高めの、中~上級者向けの問題と解説とお考えください。 これまでに出題された民法の過去問が改正民法だとどうなるのか新設規定の予想問題を合わせてお送りします。