宅建試験解説:意外とかんたん税その他

 税・その他でも得点を稼ぐ!

 【宅建インプリ】にてコンパクトな冊子版も販売しています。


初めに  ★★
宅建試験における税・その他とは?地方税、国税、価格、実務、土地建物の出題割合、力を入れるべきところについて解説。
地価公示法  ★★★★
土地取引価格の指標となる地価公示の流れ、そしてその効力。不動産鑑定評価基準とどちらが出題されます。
住宅金融支援機構法  ★★★★★
住宅金融支援業務の種類。業務の実施方法、委託方法など。100%出題される税その他の得点源。5点免除対象科目。
不当景表法  ★★★★★
宅建業者が行う不動産広告における注意点。宅建業者の義務。100%出題される税その他の得点源。5点免除対象科目。
税法総論  ★★★
宅建試験で出題される税の種類。基本となる税法用語の説明。覚えておくべき事項を把握しておきましょう。
固定資産税  ★★★★
固定資産税の概要。課税主体、課税客体、納税義務者、課税標準などから固定資産税の特例まで押さえる。
不動産取得税  ★★★★
不動産取得税の概要。課税主体、課税客体、納税義務者、課税標準などから不動産取得税の特例まで押さえる。
所得税  ★★
所得税の概要から譲渡所得の特例や買換え特例など。難解。宅建試験全体における捨て科目ナンバー1候補。
印紙税  ★★★★★
印紙税の概要。課税主体、課税客体、納税義務者、課税標準など。高確率で登録免許税とどちらかが出題され、税その他の得点源。
登録免許税  ★★★
登録免許税の概要。課税主体、課税客体、納税義務者、課税標準など。印紙税ではなく、こちらが出題されたらややアンラッキー。
贈与税  
印紙税、登録免許税ではなく、こちらが出題されることも。出題可能性が低い上に細かい知識を要し、深追いは禁物。
不動産鑑定評価基準  ★★★★
地価公示法とどちらかが出題され、こちらはやや難解。宅建試験本番直前に合格レベルまで達していなければ、捨てるのも賢明。
土地  ★★★★★
土地に関する知識。基本的な知識だけ押さえ、あとは常識判断で。100%出題され、5点免除対象科目。
建物  ★★★★
土地と同様に基本知識を押さえて常識判断ですが、難易度高め。取れればラッキー程度に。100%出題され、5点免除対象科目。