宅建勉強法:丸暗記のすすめ

宅建勉強法 其の七:暗記は筋トレ!宅建合格への必要知識に接する機会を増やす。

重要な条文暗記は筋トレ!

あなたはどうやって法律知識を覚えていますか?

法律系の資格試験では、暗記主体の独学はやめとけ!理解しろ!という言葉をよく目にします。そもそも理解しやすい教材やサイトを作るのは当たり前、大前提のことなのですが・・。

きちんと事例で考え、流れを把握し、理解を深めろ、というわけです。しかし、これは択一式かつ単純暗記科目の多い宅建試験には一部しか当てはまりません。宅建試験でその勉強方法が必要なのは、権利関係+他の科目のごく一部だけです。権利関係は理解を要する箇所も多いですが、「単純暗記科目」と呼ばれる宅建業法、法令制限、税その他では、単純暗記をベースに勉強を進めたほうが断然効率が良くなります。

このページのタイトルは「丸暗記のすすめ」です。

丸暗記をすすめる一番の理由は、「宅建合格への必要知識に接する絶対量をスピーディーに増やすため」です。

ここで言う丸暗記の対象は、「条文などの単純知識だけ」です。条文を暗記するといっても、「箇条書きで羅列された条文を頭に詰め込む」ということではありません。条文の趣旨を、分かりやすく簡潔に、やさしく噛み砕いた日本語で表現した教材、サイトを利用するということです。


皆さんが受ける宅建試験は4肢択一式です。司法試験のように自分なりに法を解釈して論文を書くわけではありません。歴史の勉強のように流れを追ってストーリーにロマンを感じる必要もありません。単純知識の暗記で大半の問題に対応でき、正解することができます

文章を読み、文脈の中で意味の分からない知識を理解して覚える作業は大変な労力と時間を要します。一部の天才を除き、大部分の人間はすぐに文章を理解することができません。不慣れな法律知識なら尚更です。普通の人間の脳に比較的スムーズに入ってくるのは「単語」もしくは「短文」だけです。そしてそれを脳に定着させるにはできるだけ早めの復習が必要となりますが、順々にじっくり読み進めていては復習サイクルも遅くなります。時間をかけて覚えたはずのものを長期間放置し、忘れてしまっては元も子もありません。

英単語を覚えるのならインプット重視になるでしょう。数学の公式をマスターするには意外と理解が大切です。そして法律知識の習得に必要となる効果的な勉強割合は、インプット3割、アウトプット7割と天才ではない私は考えます。暗記力に自信が無い人ほど、じっくりと文章を読み理解しようとし覚えようとします(=ひたすらインプット)。勉強ができる人は、文章を読むという作業は軽く済ませどこか客観的に問題に取り組みます(=インプット3割、アウトプット7割)。一生懸命テキストを熟読しても、なかなか覚えられません。初めて覚えたと言えるのは、問題を解いてみて正解できたとき、納得して解答することができたときだと思います。それが暗記であり、理解となります。そのために、サクサクと短い暗記を繰り返してください。

条文(を分かりやすく簡潔にあらわした短文)をサクサクと読み返していけば、文章を読む時間がカットできて、いち早く宅建合格ラインに達することができるのです。 ひとまず要点だけを捉え、正誤は気にせず問題を見て、解説を読み、また基本書の要点を読む。この繰り返しで、実に効率よく知識が広がっていきます。

つまり、暗記をするためにどれだけ暗記時間を減らせるか

それが暗記のコツとなります。ちょっと何を言っているのか分からないかもしれませんが、いかにしてアウトプットでの理解と呼べる暗記に繋げていく基礎となる暗記を素早くこなすか、ということです。

条文の丸暗記はスポーツで言えば「筋トレ」です。どんなスポーツの選手でも「筋トレ」をやらない人はいないと思います。トレーニングマシンで、部分的な筋肉トレーニングをしています。「サッカーの筋肉はサッカーで作る!」という人はおそらくいないと思います。野球の選手でも、柔道の選手でも、筋トレをやっているはずです。

スポーツでも勉強でも、大切なのは「基礎」です。

やさしく簡潔な文章でスピーディーな暗記を繰り返し、
遠回しに聞いてくる本試験問題に対応できるよう過去問等で練習する。

これを繰り返していると、丸暗記した条文が、問題を解くときに「どんどん出てくるな」と実感するようになります。丸暗記した条文と、問題で見る条文が頻繁にオーバーラップしてくる上に、宅建試験のクセも見え、更に早い復習で効率良く知識を定着させることができます。

お手持ちの教材が分厚く細かい場合は、理解が必要な箇所と暗記で十分な箇所を明確にし、単純暗記箇所はポイントだけをピックアップして繰り返し読むようにしてください。

重要知識の丸暗記は「筋トレ」と割り切って、日々励んでみてください!


⇒ 宅建スコアアップテクニック宅建合格