代理権の濫用や復代理の改正

代理の改正

今回は『代理』に関する改正民法を見ていきます。

ちょっと量は多いですが、難しくはないと思います。
出題可能性が高いところなので、確実に押さえておいてください!


代理人が相手方に対してした意思表示に問題があった場合、その事実の有無は代理人について決する。

意思表示の効力が「意思の不存在」「錯誤」「詐欺」「強迫」「ある事情を知っていたことまたは知らなかったことにつき過失があったこと」により影響を受ける場合、その事実の有無は代理人について決するものとされます。長々と書きましたが、無効から取消事由となった「錯誤」が従来の規定に加わっただけです。


相手方が代理人に対してした意思表示に問題があった場合、その事実の有無は代理人について決する。

意思表示の効力が「意思表示を受けた者がある事情を知っていたことまたは知らなかったことにつき過失があったこと」により影響を受ける場合、その事実の有無は代理人について決するものとされます。「意思表示を受けた者」=「代理人」です。相手方の意思表示を主観的に判断するのは代理人ということです。ここは地味に重要です。


特定の法律行為をすることを委託された代理人の行為において、本人は、自ら知っていた事情について代理人が知らなかったことを主張することができない。本人が過失により知らなかった事情も同様とする。

従来の規定から「本人の指図に従って」が削除されました。
特定の法律行為を委託=本人の指図と捉えていいのでは?ということです。
特定の法律行為の委託さえあれば、指図不要で本人の責任は重くなるので注意。


復代理人を選任した任意代理人の責任は、債務不履行の原則に委ねられる。

従来は、任意代理人が本人の許諾を得て復代理人を選任した場合、任意代理人は選任と監督についてのみ責任を負い、本人の指名に従って復代理人を選任したときは責任を負わないとされていました。しかし、実際に債務不履行があったときに代理人が何も責任を負わないのはおかしいのではないか?ということで、本人の許諾があった場合も指名があった場合も、どちらも同じく債務不履行責任の一般原則に委ねられることとなりました。


代理権の濫用が明文化された。

代理人が、自己または第三者の利益を図る目的で「代理権の範囲内」の行為をしたケースに関する新規定です。権限がない代理を行う無権代理や表見代理と異なり、あくまでも代理権の範囲内の行動を行ったが、しかしそれが本人のためではなく自己や第三者のためだったという話です。

この場合、相手方がその目的を知り、または知ることができたときは、無権代理とみなされます。代理人が無権代理人として責任(相手方の選択により履行や損害賠償)を負い、本人に効果は及ばないということです。


他人の代理人として契約した者は、自分に代理権があることや本人の追認があることを立証できなければ無権代理人としての責任を負う。

従来は、自己の代理権を証明できず、かつ、本人の追認を得ることができなかったときに無権代理人の責任を負いましたが、言い回しが少し変わりました。立証責任=代理人にあことが明確にされた形ですね。「代理人が立証する」覚えておきましょう。ただし、次の場合は例外となります。

・他人の代理人として契約した者が制限行為能力者であるとき
・他人の代理人として契約した者が代理権を有しないことを相手方が知っていたとき
・他人の代理人として契約した者が代理権を有しないことを相手方が過失により知らなかったとき(他人の代理人として契約した者が自己に代理権がないことを知っていた場合を除く

実質的な改正点は3つめの( )内のみです。相手方が過失により気づかなくても、無権代理人自身が自分に代理権がないことを知っていれば責任を免れさせる必要はありません。

以上、他にもいくつか新設規定はありますが、
判例の明文化などばかりで実質的な変更はありません。

では、今週は「錯誤の有無は代理人で判断」「相手方の意思表示に問題があるかどうかは代理人で判断」「特定行為の委託は指図がなくても本人の責任は重い」「復代理人の債務不履行責任は任意代理人にも及ぶ」「代理人が代理権を濫用した場合、相手方がその目的を知り、または知ることができたときは、無権代理とみなさる」「無権代理人自身が自分に代理権がないことを知っていれば、相手方に過失があっても責任を免れない」ことを押さえておきましょう!


幸せに宅建に合格する方法トップに戻る
<<< 前のページ <<< >>> 次のページ >>>
意思表示の改正民法 無効と取消の改正民法