これで1点!統計資料 平成18年度


地価公示

全国:住宅地
3年連続、商業地4年連続で下落率が縮小
三大都市圏:住宅地は
3年連続で下落率が縮小、商業地は15年ぶりに上昇
地方圏:住宅地、商業地(
)ともに2年連続で下落率が縮小

商業地は3年連続?
3年前の商業地の下落率の縮小があまりに小さく、2年とする資料と3年とする資料があります。
もしもこちらが出題された場合、他の肢との兼ね合いで正解を導き出してください。


住宅着工戸数

総戸数:約123万6千戸、
3年連続で増加
新設住宅着工床面積:
2年連続で増加

持家:
2年連続で減少
分譲住宅中の戸建住宅:
3年ぶりに減少
分譲住宅中のマンション:
2年連続で増加
貸家:
5年連続で増加


国土利用状況

日本の国土面積:約3,779万ha、森林と農地で約8割を占めているが微減傾向
(宅地・道路が増加している)


売買による土地所有権移転登記件数

約160万件、
微減傾向


不動産業の売上高と経常利益の推移

売上高:平成13年度から3年連続で微増したが平成16年は前年より
微減
経常利益:平成16年度に前年よりも微増


宅地建物取引業者数・取引主任者登録者数

宅地建物取引業者数:130,819(
法人79.7%個人20.3%
              近年微減の傾向だが昨年は微増
取引主任者登録者数:750,764人



統計問題は簡単ですので、絶対に落とさないようにしてください。
この中から3〜4肢は出題されると思います。

試験前日に一夜漬けでも構いませんので、とにかく絶対に必ず覚えておいてください!

なお、5点免除対象科目ですので登録講習を受講された方は覚える必要はありません。


幸せに宅建に合格する方法TOPページ


produced by 宅建合格!常識破りの宅建勉強法