平成7年-1995年の試験問題と解説

 平成7年(1995年)のとても役立つワンポイント解説付き宅建試験問題です。

平成7年(1995年)宅建試験問題と解説

平成7年の解説付き宅建試験問題は、のんびり作成予定です。


【問1】土地に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

1.段丘は、水はけが良く、地盤が安定していることが多い。
2.台地の縁辺部は、集中豪雨の際、がけ崩れによる被害を受けることが多い。
3.自然堤防に囲まれた低地は、地盤が安定していることが多い。
4.旧河道は、地盤が軟弱、低湿で、地震や洪水による被害を受けることが多い。





⇒ 宅建試験問題(解説付き)一覧に戻る
<<< 前のページ <<< >>> 次のページ >>>
平成6年 解説付き 平成8年 解説付き