解説付き過去問題(平成8年)

 とても役立つ解説付きの年度別宅建過去問題(作成中)です。

宅建過去問題(平成8年 1996年)

【問1】土地に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1.扇状地については、大縮尺の地形図や空中写真によって、土石流や洪水流の危険度をある程度判別できることが多い。
2.崖錐堆積物は、一般的に透水性が低く、基盤との境付近が水の通り道となって、そこをすべり面とした地すべりが生じやすい。
3.自然堤防は、主に砂や小礫からなり、排水性がよく地盤の支持力もあるため、宅地として良好な土地であることが多い。
4.旧河道は、それを埋める堆積物の上部が厚い粘土質からなるとき、軟弱地盤となって地盤の支持力が小さく、宅地には不適当であることが多い。

⇒正解()



⇒ 宅建過去問題(解説付き)一覧に戻る