平成3年-1991年の試験問題と解説

 平成3年(1991年)のとても役立つワンポイント解説付き宅建試験問題です。

平成3年(1991年)宅建試験問題と解説

平成3年の解説付き宅建試験問題は、のんびり作成予定です。


【問1】土地に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1.液状化現象は、比較的粒径のそろった砂地盤で、地下水位の高い、地表から浅い地域で発生しやすい。
2.切土したがけ面に湧水がみられる場合には、一般にその湧水地点から下の部分の方が、それより上の部分よりも、がけくずれを起こしやすいので、特に注意が必要である。
3.旧河道は軟弱地盤となっている所が多いが、自然堤防は、砂質や砂礫質の土からなり、比較的宅地に適している。
4.建物や構造物の不等沈下は、一般に切土部よりも盛土部で起こりやすい。





⇒ 宅建試験問題(解説付き)一覧に戻る
<<< 前のページ <<< >>> 次のページ >>>
平成2年 解説付き 平成4年 解説付き