平成4年-1992年の試験問題と解説

 平成4年(1992年)のとても役立つワンポイント解説付き宅建試験問題です。

平成4年(1992年)宅建試験問題と解説

平成4年の解説付き宅建試験問題は、のんびり作成予定です。


【問1】土地に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1.扇状地は、砂礫層からなるので、構造物の基礎について十分な支持力を得にくい。
2.地すべり地は、安定していても、盛土をすると、バランスをくずし、再びすべることがある。
3.軟弱地盤は、盛土をすると、隣接する既設構造物に影響を及ぼすことがある。
4.崖錐堆積物におおわれた地域は、一般的に、切土をすると、崩壊や地すべりを起こしやすい。





⇒ 宅建試験問題(解説付き)一覧に戻る
<<< 前のページ <<< >>> 次のページ >>>
平成3年 解説付き 平成5年 解説付き