宅建勉強法:スコアアップテクニック

答えが分からない問題も正解する!

宅建解答テクニック

宅建試験本番で答えが分からない問題があった場合、あるテクニックを駆使すれば正解率をアップさせることができます。

宅建試験の出題範囲は本当に広いですよね。どうしても本番で分からない問題が出てきます。それらの問題はヤマ勘でマークシートを埋めますか?それはあまりにも勿体ないことです!

宅建試験は4肢択一式です。択一式というのは、その選択肢の中に必ず正解があるわけです。つまり、択一式の試験とは、ものすごく単純な試験なのです。 そこで出題者は、受験生を間違えさせるために様々なテクニックを駆使します。 受験生をひっかけるために、あらゆる工夫をしてきます。

その出題者のテクニックを逆用したのが、スコアアップテクニックです。知識がなくても正解が分かってしまいます。実力以上の得点が取れるようになります。分からない問題は分からない、では楽しくありません。「分からない問題でも正解する」「取れないはずの点まで取る」、幸せに宅建に合格しましょう。

ここでは、そのテクニックの大原則についてお話いたします。

まず、分からない問題に遭遇した場合、

1.純粋にその問題を見てみる
2.違う角度からその問題を見てみる
3.選択肢を比較してみる

これが大原則です。それらはどういったものなのか、簡単に説明しておきます。尚、これらのテクニックは答えが分からなかったときの最終手段ですので、ご自分の答えに自信があるときは、もちろんそちらを優先してください。


1.純粋にその問題を見る

何度も何度も読み返さないと意味を理解できない問題。もちろん勉強不足で意味が分からないのは問題外ですが、難解な日本語の連続した文章は誤りの肢だと思っていいでしょう。ただ単に、長い文章は誤りというわけではないので注意してください。 そこにも裏があるのですが、ここでは秘密です(すいません)。

これは宅建試験です。
国語の試験を受けているわけではありません。


2.違う角度から問題を見る

テレビ番組のクイズで、「花王株式会社は、顔を洗う石けんを作っているため花王と名づけた。○か×か。」という問題が出題されました。 解答者は迷わず○と答えました。その理由は「この番組のスポンサー名の由来で×の問題を出すわけがない」お見事、正解です。

宅建試験でも同じような問題が出題されています。宅建業法や法令上の制限の問題で、宅建業務や都市計画、国土利用のあり方について常識的に考えておかしな問題が出た場合・・誤りの可能性大となります。


3.選択肢を比較する

ある程度勉強した方なら、4つの肢すべてが分からないということは少ないでしょう。2択まで絞込み、どうしても残りが分からない!ここで普通は、残った2問をジーっと比べてしまいます

もうその2問しか見ていません。これは大きな間違いです。

残った2問を1問ずつ、自信のある他の2問と比較してください。ここで知識は不要です。単純に、選択肢間の共通性や違いを比べるだけです。これで正解が見えてきます。木は森に隠れているということです。


以上、スコアアップテクニックの大原則です。秘密ばかりで本当に申し訳ございません。スコアアップテクニックをまとめた小冊子をご希望の場合は『宅建合格インプリンティング』でオプションとしてお付けさせていただいております。

上記3つの大原則をより細かく具体的に、そして更に驚きのマニアックなスコアアップテクニックまで大公開しています。知って得する魔法の裏技満載です!

分からない問題に遭遇した場合でも、これらのテクニックを駆使すれば、ヤマ勘よりもはるかに高い正解率で得点することができます。勘が冴えわたり合格する人もいれば、そういった合格者よりも実力はあるのに二択が逆逆で不合格、という人もいます。

宅建試験に限らず、択一試験で真の実力は測れません。

試験とは、人間を選別する手段の一つに過ぎません。だから、どんな方法でも得点を取ってとりあえず合格してください。「宅建合格」にこだわってください。机に座って蓄えた知識と、実務での経験は別物です。裏技で正解に辿り着くことも知識の一つであり、それが競争に勝つということです!

注:繰り返しになりますが、あくまでもスコアアップテクニックは、答えが分からないときの苦肉の策です!