記憶のメカニズムを知って効率的に覚えよう


『じっくり読み進めるのではなく、少しずつ早い復習を繰り返す!』

「なんか覚えられない」
「この間やったばかりなのに」
「自分は記憶力が悪いんじゃないだろうか」

宅建試験に合格するため必死で勉強に励んでいるのに、成果が表れるどころか、覚えては忘れ、覚えては忘れの繰り返し。むしろ、一進一退を繰り返している気がしてしまう。そんな自己嫌悪に陥ってしまうことはないでしょうか。しかし、暗い気分になる必要はありません。それは当たり前のことです。

人間は忘却の生き物なのです。

「忘れる」ということを完全に回避する方法はありません。残念ながら、そんな魔法はないでしょう。しかし、なるべく忘れにくくする方法は存在します。

人間の記憶というのは、瞬間全てを記憶しているのですが、時間の経過とともにどんどん忘れてしまいます。それでは、忘れにくくする方法を記憶のメカニズムという観点から見て行きましょう。

人間の脳には、記憶という観点からみると3種類あると言われています。

大切な情報を長く記憶しようという「長期記憶脳」
不必要な情報を一時的において置く「短期記憶脳」
その中間の「中期記憶脳」です。

我々は、自分の名前や自分の家の場所を忘れることはありません。これら必要なものはこの「長期記憶脳」に保管されています。

法律知識や英語のボキャブラリーなど、未知のものを新しく覚えようとした場合、「短期記憶脳」に保管されます。この短期記憶脳の情報は、覚えた直後から半日のうちにどんどん忘れ、1日から7日もすればほぼ忘れてしまうと言われています。

この間に復習すれば、ある一定の割合で「中期記憶脳」に送り込まれます。逆に、一週間復習をしなければ、ほぼ全て忘れてしまうというわけです。「中期記憶脳」に保管された記憶は3週間から4週間位はある程度残ります。ただ、ここでも復習しないと、忘れてしまいます。復習すれば、またある一定の割合で「長期記憶脳」に送り込まれるのです。

また、人間の脳は、なじみのある情報を積極的に受け付けます。「前に見た情報や聞いたりした情報」は頭にすーっと入って来やすいのです。未知のものを最初に覚えるときには、なじみが無いため頭がなかなか受け付けてくれず覚えにくいのですが、2回目、3回目となるにつれて、吸収度がどんどんアップしていきます。このような観点から見て、復習をする間隔の例は、以下のような感じがよいと思われます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
夜やったことを、次の朝復習する。(半日以内に復習)
その次は3日以内に復習する。
その後は、3日ごとのペースで21日目まで繰り返す。
(最初に覚えた日から21日目までに7回その情報と接触する)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ここまでやれば、ばっちり「長期記憶脳」に送り込まれ、「完全に覚えた」という状態になるでしょう。以上の例は理想的な例であり、ライフスタイルの問題上、そううまくはいかないかも知れませんが、参考にして頂ければ幸いです(更なる理想は毎日復習することなのは言うまでもありません)。

物の数分、一読程度でいいので、必ず早いサイクルで目を通すようにしてください。一定の期間内に「ここからここまで」と決めて集中的に攻略してしまうことがポイントです。記憶が定着しないうちに、あっちへ行ったりこっちへ来たりと、浮気ばかりしていては効率が悪くなります。

もしも機会がございましたら、慣れれば1日で全科目を1周できる 『宅建合格インプリンティング』 もお試しになってみてください。ご自分にあった学習計画を立て、効率良く宅建合格を掴みましょう!

また、試して損はない、少しでも役に立つ勉強方法もご紹介しておきます。

初めて見る文章を暗記したいときは右手を動かしながら勉強する。

知っている文章を復習するときは左手を動かしながら勉強する。

とてもシンプルですが、これだけです(笑)。グーパーしたり、指を動かしたり、ギュッと握ってみたり…右手を動かすことで記憶形成を司る左脳が活発になり、左手を動かすことで回想に必要な右脳が活発になります。

指を動かすことで脳が活性化されることはご存知の方も多かったと思います。老化防止のため指を動かそうと言われています。指の体操が流行ったこともあります。更に一歩踏み込み、上記の方法をお試しいただくことで勉強効率がアップします。
右手を動かすことで暗記力が高まり、左手を動かすことで復習効率が上がります。

個人差はありますが、海外の研究で1020%の勉強効率アップが実証されています。特にお金や労力が必要というわけでもありませんので、効果があればラッキー程度に気軽に試してみてください!


幸せに宅建に合格する方法TOPページ

produced by 宅建合格!常識破りの宅建勉強法