解説付き過去問(平成9年)

 とても役立つ解説付きの年度別宅建過去問題です。

宅建過去問題(解説付き)

平成9年度宅建過去問題(解説付き)は、のんびり作成予定です。


〔問1〕Aが,Bの代理人としてB所有の土地をCに売却する契約を締結した場合に関する次の記述のうち,民法の規定によれば,正しいものはどれか。なお,Bは,Aに代理権を与えたことはなく,かつ,代理権を与えた旨の表示をしたこともないものとする。

1 契約は,B又はCのいずれかが追認したときは,有効となる。
2 Aは,Bの追認のない間は,契約を取り消すことができる。
3 AがBに対し追認をするかどうか確答すべき旨催告し,Bが確答をしないときは,Bは追認を拒絶したものとみなされる。
4 Bが追認を拒絶したときは,Aは自ら契約を履行する責任を負うことがある。





⇒ 宅建過去問題(解説付き)一覧に戻る