宅建取得後の人生


おめでとうございます!あなたは見事、宅建試験に合格いたしました。

しかし、宅建合格はゴールではありません。
あなたにとって、通過点にしか過ぎないはずです。


では、宅建資格をどのように活かせばよいのでしょうか?
例をいくつか挙げてみましょう。

就職する

今や就職活動は、学歴などに捕われず、個人の実力・個性を見る時代です。学歴と同じく、資格も一般企業ではあまり重視されないかもしれません。

しかし、業界によっては、宅建資格を持っているということが大きな武器となります。不動産会社や住宅メーカーはもちろん、不動産を担保に融資を行う銀行や保険会社などの金融業界に就職を考えている人には、ものすごく有利となるでしょう。また一般企業でも、自社ビル経営の会社や、社宅を完備しているところならば、一般社員とは違うニーズもあるはずです。就職に強い資格として、宅建は学生にも大人気の資格となっています。

転職する

本当に自分はこのままでいいのか…?
でも今の仕事を辞める勇気がない…。
転職って難しいですよね。

しかしあなたは、宅建試験に合格しました。ただ闇雲に会社を辞めるわけではありません。更なるキャリアアップを目指して、宅建を武器に転職を考えるのも一つの選択肢でしょう。今のところ転職は考えていないとしても、「宅建資格を持っている」ということが、いざというときの大きな保険に、心の支えになるはずです。

↓ 最近あまり更新されていませんが…宅建士求人情報です。




昇進する

昇進と言えるかどうかは分かりませんが、とりあえずあなたの名刺には「宅地建物取引士」の文字が刻まれます。ちょっとかっこいいですね。

会社によっては、資格手当てとして月に数万円が支給されます。不動産会社では、手当てが付く会社がほとんどでしょう。あとは努力の積み重ねで、順々に昇進していってください。少なくとも、資格が何もないより昇進が有利になっているはずです。

資格マニアと化す

宅建試験で出題された科目は、他の資格試験でも重複しているので、
不動産に関連する様々な資格の取得に役立ちます。

典型的な例として、マンション管理士、管理業務主任者が挙げられます。宅建試験に合格した知識があれば比較的容易に取得できるはずです。この2つも取得し、まさに不動産のエキスパートとなるのもいいかもしれません。さらに就職等が有利になるでしょう。

また、行政書士やファイナンシャルプランナーの資格を取るのも面白いです。宅建で培った知識やテクニックを駆使すれば、それほど難しい試験ではありません。これらの資格も取得すれば、ご自分の会社、事務所を持つことも可能でしょう。独立はしないにしても、あらゆるところから引っ張りダコになりますので仕事には困りません。

宅建試験の勉強を通じて、法律知識の覚え方や、問題の解き方等のテクニックを習得できました。このような知識・テクニックは、他の資格取得にも活かすことができます。

日々の生活に役立てる

一生に一度かもしれないお買い物、それが不動産です。
高額な買い物でだまされないよう、不動産の知識をつけておくことは重要です。

また、民法は普段の生活でも大いに役立ちます。学生時代の教科で例えれば、民法は国語、他の科目は数学や化学といったところでしょうか。民法は、一般常識として知っておいたほうが良いものだらけです。法律は一般市民を守ってくれます。日常生活で、必ずあなたの助けになってくれるでしょう。



幸せに宅建に合格する方法 TOPページ

サイトマップ