宅建試験って何?難易度は?

宅建試験と難易度

毎年20万人もの方々が受験する法律系人気ナンバー1国家資格、それが【宅建試験】です。正式名称を宅地建物取引士資格試験といい、それはもちろん宅地建物取引士(=宅建士)になるための資格試験です。

その活躍の場は、不動産業界はもちろんのこと金融業界や一般企業など多岐に渡り、就職や転職にも大きな武器となります。例えば不動産会社において、お客さんに対し物件について法律的な説明をする、サインをするなどの行為は、宅建士にしかできない独占業務となっています。


【不動産取引の例】

売主が宅建業者に媒介を依頼
  ↓
宅建業者が物件を調査
  ↓
広告を出す
  ↓
買主が見つかる
  ↓
宅建士による重要事項の説明+記名押印
  ↓
売買契約成立
  ↓
宅建士による契約書面への記名押印
  ↓
契約の履行


このように、契約前後の重要場面には必ず宅建士が登場します。宅建士は、不動産取引のエキスパートなのです。金融業界でも、不動産を担保として融資をするには宅建士が必要とされます。企業の中には資格取得奨励制度を設けたり、宅建手当を出してくれる会社が多いのも魅力の一つです。

土地や建物を買うのは、普通の人にとっては一生に一度の夢の買い物です。自分の一生をかけて支払うような大金を支払う買い物では、慎重に慎重を重ねなくてはいけません。しかし、一般の人には不動産取引に関する知識や経験がないのが通常です。

そこで、このような人々に対して法律的に正確なアドバイスをする者が必要となります。このアドバイザーこそが、まさに宅建士となります。宅建士は、人の一生を預かるとても重要な仕事と言えるでしょう。

また宅建試験は、不動産鑑定士、マンション管理士、管理業務主任者、賃貸不動産経営管理士、司法書士、行政書士、土地家屋調査士、ファイナンシャルプランナーなどの資格と試験科目が一部重なっています。

勉強をする習慣がつき、また宅建試験で勉強した知識を活かせるため、宅建取得後にこれらの資格にチャレンジする方も多いようです。低賃金、ブラック、リストラなど当たり前の社会に適応するため、自分のキャリアをアップさせるための武器(資格)が必須と言える時代になっています。

難しすぎず易しすぎない難易度で、宅建試験はとても人気の高い資格試験となっています!


【メジャー資格、不動産関連資格の難易度】

メジャーな難関資格と並べているためこの位置付けですが、宅建試験よりも下に山のように資格試験が存在します。繰り返しになりますが、宅建試験は難しすぎず易しすぎず人気の高い資格となっています。士業試験となり年々難化傾向で、平成30年のような合格ラインが続けば一つ上のランクとなるかもしれません。

合格率の低さからマンション管理士試験はやや難関となりますが、宅建合格ついでに管理業務主任者、賃貸不動産経営管理士、そしてかなり難易度が下がる競売不動産取扱主任者、ビル経営管理士、古民家鑑定士も取得しておけば、大きく仕事の幅が広がるはずです!

宅建難易度

次ページ:宅建願書申込み