平成元年-1989年の試験問題と解説

 平成元年(1989年)のとても役立つワンポイント解説付き宅建試験問題です。

平成元年(1989年)宅建試験問題と解説

平成元年の解説付き宅建試験問題は、のんびり作成予定です。


【問1】地形に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1.地表がほとんど平坦で、近くの河、湖、海などの水面との高低差がきわめて小さく、古い集落や街道がないような地形は、軟弱地盤であることが多い。
2.断層とは、地層がある面を境として互いに上下・左右にずれているものであり、断層面周辺の部分の地層強度は著しく低下している。
3.崩壊跡地は、周辺と異なる植生を示し、徴地形的には馬蹄形状の凹地形を示すことが多く、一度崩壊しているので安定した土地である。
4.地図の上で等高線が密な所は、その地形の傾斜が急であり、疎の所は、その地形の傾斜が緩やかである。





⇒ 宅建試験問題(解説付き)一覧に戻る
<<< 前のページ <<< >>> 次のページ >>>
平成2年 解説付き