宅建過去問 債務不履行 重要度 ★★★★★


今回は「債務不履行」の過去問を見ていきます。

今回より3回に渡ってお送りする債務不履行、契約の解除、手付で、民法における契約の流れを把握しておいてください。では順番に見ていきましょう!

■Aは、Bに対して金銭債権を有している。この場合、民法の規定によれば、次の記述のうち正しいものはどれか。(1985-2)

【問】Bの債務の履行について確定期限があるときであっても、Bは、Aから履行の請求を受けるまでは履行遅滞とはならない。

確定期限ある債務の場合、債務者は
期限が到来したときから履行遅滞の責任を負います。履行の請求を受けるまでもありません。よって誤りです。

【問】Bが債務を履行しない場合、Aは損害賠償を請求することができるが、その場合、Aは、損害の証明をしなければならない。

金銭債権の場合、債権者は特則として損害を証明しなくても損害賠償の請求をすることができます(原則は損害の証明が必要)。よって誤りです。

【問】AがBの債務不履行を理由として損害賠償を請求してきた場合、Bは、不可抗力をもって抗弁することはできない。

金銭債権の場合、債務者は不可抗力を理由に責任を免れることはできません。よって正しい肢となります。

【問】A及びBが、Bの債務不履行について損害賠償の額を予定していた場合であっても、裁判所はその額を増額することができる。

損害賠償額の予定がなされていた場合、
裁判所はその額を増減することはできません。よって誤りです。


■AはBに建物を売却する契約を締結した。この場合の民法の規定に基づく履行遅滞に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。(1987-6)

【問】Aの父の死亡後3ヶ月後に当該建物を引き渡す旨定めた場合は、AはAの父の死亡した日から3ヶ月を経過したことを知った時から遅滞の責任を負う。

不確定期限付債務であるため、
死亡後3ヶ月を経過したことを債務者が知ったときから遅滞となります。よって正しい肢となります。

【問】当該建物の引渡し期日につき特段の定めをしなかった場合は、Aは、BがAに対し引渡しの請求をした時から遅滞の責任を負う。

期限の定めのない債務であるため、
引渡しの請求を受けたときから遅滞となります。よって正しい肢となります。


■共に宅地建物取引業者であるAB間でA所有の土地について、今年9月1日に売買代金3,000万円(うち、手付金200万円は同年9月1日に、残代金は同年10月31日に支払う。)とする売買契約を締結した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。(2004-6)

【問】Aが残代金の受領を拒絶することを明確にしている場合であっても、Bは同年10月31日には2,800万円をAに対して現実に提供しなければ、Bも履行遅滞の責任を負わなければならない。

債権者が代金の受領拒絶を明確にしている場合、弁済の準備をしたことを
債権者に通知し、受領してくれと催告すれば債務不履行にはなりません。よって誤りです。


宅建過去問 権利関係ページに戻る

幸せに宅建に合格する方法 TOPページ

サイトマップ