宅建なんて簡単だ!


簡単にしたいことは「簡単だ」と思うだけで簡単に片付きます。

宅建勉強法の総まとめとして、
宅建合格に役立つ絶対の精神論を紹介しておきます。

物事を難しくしているのは「自分自身」であって、
「この問題は難しい」と意識しているために物事を複雑に考えてしまいます。

まずは自分の意識を変えてください。
そうすれば
「宅建試験は簡単」です。

この精神論は勉強だけでなく、スポーツやゲームなど何にでも応用できます。プロのスポーツ選手などは「自分ならできる」「簡単だ」と常に自分に言い聞かせながらモチベーションをアップさせ、能力を最大限まで発揮しているそうです。

他愛もない問題をAとBの2つのグループに解いてもらうとしましょう。

Aグループには「非常に難しい問題です」と前置きし、
Bグループには「とても簡単な問題です」と前置きして解いてもらいます。

これだけで両グループの正解率に大きな差が出ます。
(どちらの正解率が高いかは分かりますよね)

問題の難易度を決めているのは問題そのものではなく、その問題を「問題視」している自分自身というわけです。

普段の勉強から「宅建なんて簡単だ」と思い込みながら勉強してください。
これだけで今まで以上に知識がスイスイ頭に入ってきます


宅建試験本番でも同じことが言えます。難しい問題に遭遇した場合「これは難しい問題だ」と前置きしてしまうと、単純なトラップに引っかかってしまいます。意外とよくよく考えれば解ける問題だったりします。

分からない問題はニヤリと笑い、
一息ついてもう一度読むか、
軽く飛ばしてしまいましょう。

「難しいから気合いを入れなければならない」という前置きはやめてください。
「宅建なんて簡単だ」と自分に言い聞かせてください。

どんな宅建教材を使うよりも、その気持ちが一番大切かもしれません。


幸せに宅建に合格する方法 TOPページ

produced by 宅建合格!常識破りの宅建勉強法