宅建試験の出題傾向(出題予想)

宅建試験の過去の出題データから出題傾向を読み、令和2年宅建試験の出題を予想し、自分なりに優先して勉強する分野を見極めてください。画面の小さなスマホでは横に持つと見やすくなるかと思います。 〇:3肢以上出題、△:1~2肢出題、☆:杉山なら押さえる

宅建

< 権利関係 >

  H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28 H29 H30 R1 R2/10 R2/12 R3
制限行為能力者                
心裡留保                          
通謀虚偽表示                    
錯誤              
詐欺と強迫                
代理一般              
無権代理            
弁済                    
相殺                    
時効        
請負                  
委任                          
事務管理                          
債務不履行            
債権者代位権                      
詐害行為取消権                          
地役権                   袋地  
契約の解除                        
贈与                        
保証              
連帯保証                        
連帯債務                        
連帯債権 - - - - - - - - - - -    
債権譲渡                      
債務引受                      
売主の担保責任        
共有                  
抵当権      
根抵当権                      
留置権                          
先取特権                            
不法行為            
賃貸借      
使用貸借                      
相続一般      
遺言と遺留分                
配偶者居住権 - - - - - - - - - - -  
不動産登記法
区分所有法
借地借家法


< 宅建業法 >

  H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28 H29 H30 R1 R2/10 R2/12 R3
宅建業の定義        
免許基準
免許証の効力    
宅建業の事務所      
事務所以外の場所            
宅地建物取引士
営業保証金  
弁済業務保証金    
媒介・代理契約
広告の規制  
35条書面
37条書面
クーリング・オフ
業務上の規制  
その他の規制    
報酬  
監督・罰則    
住宅瑕疵担保履行法 -


< 法令上の制限 >

  H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28 H29 H30 R1 R2/10 R2/12 R3
事後届出
事前届出その他                        
都市計画法の仕組み          
都市計画の内容      
開発許可
用途制限    
道路制限            
建蔽率          
容積率                      
高さ制限                  
防火・準防火地域                  
建築確認              
農地法
土地区画整理法
宅地造成等規制法
単体規定        
その他の法令制限                    


< 税・その他 >

  H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28 H29 H30 R1 R2/10 R2/12 R3
地価公示法          
住宅金融支援機構法
不当景表法
固定資産税              
不動産取得税              
所得税                      
印紙税                
登録免許税                  
贈与税                        
不動産鑑定評価基準                
統計
土地
建物

マークがないけど「ここも肢の一つで出題されてる」と思われる箇所があるかもしれませんが、例えば「時効」の問題の中に「相殺」という文言があった場合、どちら寄りの知識に重きを置いた問題かで、どちらでの出題かを決めています。

できるだけ満遍なく勉強しておくに越したことはありません(もちろん力を入れる度合いは重要度で異なります)が、本番までに合格レベルに達することが厳しそうな方は、まずは何がなんでも宅建業法を覚え、「時間が足りない場合でも杉山なら押さえる☆印」を優先して勉強してみてください。


幸せに宅建に合格する方法トップに戻る

<<< 前のページ <<< >>> 次のページ >>>
職業別合格比