税・その他 土地 重要度 ★★★★☆


今回は「土地」についてお話いたします。

毎年1問出題されますので、ここは確実に1点取っておきましょう。単純知識で簡単ですが、新しい問題もどんどん出題されます。常識判断が重要となってきますので、過去問の知識半分、常識判断半分で頭を柔らかくして本番に挑んでください。

以下、基本的な知識を列挙していきますので、雰囲気を掴んでおいてください。そして出来るだけ多くの過去問に目を通しておくことをオススメします。過去問はとても簡単ですので、1問でも多くの問題に目を通し、知識を頭に叩きこんでおいてください。なお、
5点免除対象科目です。では順番に見ていきましょう!

山地

・傾斜が緩やかで地層が安定している場所は、
宅地に適している

・傾斜角が25度を超えると、急激に崩壊の危険性が高まる

・崖錐(がんすい=風化した岩屑が堆積した半円錐状の地形)は、
土石流の危険が高い

・断層面周辺部分の地層強度は著しく低下しており、がけ崩れや土石流が発生しやすい

丘陵地・台地

・丘陵地・台地は、一般に水はけが良く地耐力もあり、洪水や地震に対する
安全性が高い

・丘陵地・台地は、
縁辺部ほど傾斜が急になり豪雨等により崩壊被害を受けることが多い

・丘陵地・台地内の
小さな谷間は、軟弱地盤であることが多い(=地盤沈下・排水不良)

・台地上の浅く広い谷は、集中豪雨により水に浸かる危険性がある

・丘陵を削って谷を埋めて平坦化した土地では、

1.土留めや排水工事ができていないと危険である
2.
盛土部は十分固まらないと豪雨や地震に弱い
3.切土部と盛土部の
にまたがった宅地は、不同沈下を生じやすく危険である

低地

・低地は、一般に洪水や地震に弱く、防災上の見地から
宅地として好ましくない

扇状地自然堤防、砂丘、砂洲、昔の天井川で現在は廃川→宅地として利用可
デルタ地域旧河道自然堤防などに囲まれた後背低地宅地に適さない

・地表がほとんど平坦で、古い集落や街道がないような地形は軟弱地盤であることが多い

その他

・干拓地は、
宅地として好ましくない

・埋立地は、干拓地よりも安全だが高潮や津波の常襲地帯では宅地として危険である

・登記所に備え付けの
公図には、等高線が記入されてなく土地の高低を判断できない

・地図上で等高線が
な所は、その地形の傾斜がである

・地図上で等高線が
の所は、その地形の傾斜が穏やかである

[ 平成7年 宅建試験 問1 ]
 土地に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

1.段丘は、水はけが良く、地盤が安定していることが多い。
2.台地の縁辺部は、集中豪雨の際、がけ崩れによる被害を受けることが多い。
3.自然堤防に囲まれた低地は、地盤が安定していることが多い。
4.旧河道は、地盤が軟弱、低湿で、地震や洪水による被害を受けることが多い。


1 適当である:丘陵地、台地、段丘等は、地盤が安定していることが多い

2 適当である:その通り
3 適当でない:自然堤防に囲まれた低地は、地盤が軟弱で洪水や地震に弱い
4 適当である:その通り

[ 平成8年 宅建試験 問1 ]
 土地に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1.扇状地については、大縮尺の地形図や空中写真によって、土石流や洪水流の危険度をある程度判別できることが多い。
2.崖錐堆積物は、一般的に透水性が低く、基盤との境付近が水の通り道となって、そこをすべり面とした地すべりが生じやすい。
3.自然堤防は、主に砂や小礫からなり、排水性がよく地盤の支持力もあるため、宅地として良好な土地であることが多い。
4.旧河道は、それを埋める堆積物の上部が厚い粘土質からなるとき、軟弱地盤となって地盤の支持力が小さく、宅地には不適当であることが多い。


1 正
:その通り
2 誤:地すべりは生じやすいが、前段の「透水性が低く」が誤りで透水性は高い
3 正:その通り
4 正:その通り

[ 平成9年 宅建試験 問50 ]
 土地に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1.丘陵地や台地内の小さな谷間は、軟弱地盤であることが多く、これを埋土して造成された宅地では、地盤沈下や排水不良を生じることが多い。
2.宅地周りの既存の擁壁の上に、ブロックを積み増し、盛土して造成することにより、宅地面積を広げつつ、安全な宅地として利用できることが多い。
3.丘陵地を切り盛りして平坦化した宅地において、切土部と盛土部にまたがる区域では、沈下量の違いにより不同沈下を生じやすい。
4.宅地の安定に排水処理は重要であり、擁壁の水抜き穴、盛土のり面の小段の排水溝等による排水処埋の行われていない宅地は、不適当であることが多い。


1 正
:その通り
2 誤:ブロックを擁壁に積み増し盛土して造成すると、宅地は崩壊の危険性が高くなる
3 正:切土部と盛土部にまたがる区域は崩壊のおそれが多く、不同沈下を生じやすい
4 正:その通り

[ 平成12年 宅建試験 問49 ]
 土地に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1.地すべり地の多くは、過去に地すべり活動を起こした経歴があって、地すべり地形と呼ばれる独特の地形を呈し、棚田等の水田として利用されることがある。
2.樹木が生育する斜面地では、その根が土層と堅く結合しても、根より深い位置の斜面崩壌に対しては、樹木による安定効果を期待することはできない。
3.谷出口に広がる扇状地は、土砂・礫(れき)が堆(たい)積してできたものであるため、地盤は堅固でないが、士石流災害に対しては安全であることが多い。
4.自然堤防の背後に広がる低平地は、軟弱な地盤であることが多く、盛土の沈下が問題になりやすい。


1 正
:その通り
2 正:その通り
3 誤:扇状地は、地盤は堅固だが土石流災害発生の危険性が高い
4 正:その通り

[ 平成13年 宅建試験 問49 ]
 土地に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1.地すべりは、特定の地質や地質構造を有する地域に集中して分布する傾向が強く、地すべり地形と呼ばれる特有の地形を形成することが多い。
2.土石流は、急勾配の渓流に多量の不安定な砂礫(れき)の堆(たい)積がある所や、流域内で豪雨に伴う斜面崩壊の危険性の大きい場合に起こりやすい。
3.まさ、しらす、山砂、段丘砂礫(れき)などの主として砂質土からなるのり面は、地表水による浸食には比較的強いため、簡易な排水施設の設置により安定を図ることが可能である。
4.丘陵地を切土と盛土により造成した地盤の場合は、その境目では地盤の強度が異なるため、不同沈下が起こりやすい。


1 正
:その通り
2 正:その通り
3 誤:浸食に比較的弱く、簡易な排水施設の設置により安定を図ることは難しい
4 正:その通り

意外とかんたん税・その他ページに戻る

幸せに宅建に合格する方法 TOPページ

サイトマップ