宅建過去問 建物 重要度 ★★★★☆


今回は「建物」の過去問を見ていきます。

正直、難しいです。
5点免除科目の5問中、落とすとしたらここですね。

ここで確実に1点を取ろうとしたら膨大な勉強量が必要となり効率が悪くなります。

今回紹介する比較的重要な過去問を確実に押さえ、
消去法と常識判断で得点できたらラッキーというスタンスでよろしいかと思います。

こういう問題が出るんだ、という雰囲気だけでも掴んでおいてください。


では、順番に見ていきましょう!



木造建築物に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。(1998-48)

枠組壁工法は、木材で組まれた枠組みに構造用合板等を釘打ちした壁及び床により構造体が形成される。

・枠組壁工法(ツーバイフォー工法)は、
木材で組まれた枠組みに構造用合板等を釘打ちした壁および床により建築物を建築する工法をいいます。よって正しい肢です。


鉄筋コンクリート造の布基礎とすれば、耐震性を向上させることができる。

鉄筋コンクリート造の布基礎とすれば、耐震性を向上させることができます。よって正しい肢です。



建築物の材料に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。(2003-50)

木材の強度は、含水率が大きい状態の方が大きくなるため、建築物に使用する際には、その含水率を確認することが好ましい。

・木材の強度は、
乾燥して含水率が小さい状態の方が大きくなります。よって誤りです。


鉄筋コンクリート造に使用される骨材、水及び混和材料は、鉄筋をさびさせ、又はコンクリートの凝結及び硬化を妨げるような酸、塩、有機物又は泥土を含んではならない。

・鉄筋コンクリート造に使用される骨材、水および混和材料は、鉄筋をさびさせ、またはコンクリートの凝結及び硬化を妨げるような
酸、塩、有機物または泥土を含んではなりません。よって正しい肢です。


鉄は、炭素含有量が多いほど、引張強さ及び硬さが増大し、伸びが減少するため、鉄骨造には、一般に炭素含有量が少ない鋼が用いられる。

・鉄は、
炭素含有量が多いほど、引張強さおよび硬さが増大し、伸びが減少するため、鉄骨造には、一般に炭素含有量が少ない鋼が用いられます。よって正しい肢です。



建物の構造に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。(2005-49)

コンクリートは、打上がりが均質で密実になり、かつ、必要な強度が得られるようにその調合を定めなければならない。

・コンクリートは、打上がりが
均質で密実になり、かつ、必要な強度が得られるようにその調合を定めなければなりません。よって正しい肢です。



建築物の構造に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。(2008-50)

建築物の高さが60mを超える場合、必ずその構造方法について国土交通大臣の認定を受けなければならない。

・建築物の高さが60mを超える場合、必ずその
構造方法について国土交通大臣の認定を受けなければなりません。よって正しい肢です。


建築物に異なる構造方法による基礎を併用した場合は、構造計算によって構造耐力上安全であることを確かめなければならない。

・建築物には、原則として異なる構造方法による基礎を併用してはなりませんが、国土交通大臣が定める基準に従った構造計算によって構造耐力上安全であることが確かめられた場合は、異なる構造方法による基礎を併用することができます。そしてこの場合は、
構造計算によって構造耐力上安全であることを確かめなければなりません。よって正しい肢です。



建物の構造に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。(2009-50)

鉄骨構造の特徴は、自重が重く、耐火被覆しなくても耐火構造にすることができる。

・鉄骨構造は、自重が軽く、靭性が大きいため、高層建築物等に適していますが、
火熱による耐力の低下が著しいので、耐火被覆しなければ耐火構造にすることができません。よって不適当な肢となります。


鉄筋コンクリート構造は、耐火、耐久性が大きく骨組形態を自由にできる。

・鉄筋コンクリート構造は、
耐火・耐久性が大きく、圧縮力には強いが引張力に弱いコンクリートの弱点を引張力に強い鉄筋で補っているため、骨組形態を自由にできます。よって適当な肢となります。



建築物の構造と材料に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。(2010-50)

常温において鉄筋と普通コンクリートの熱膨張率は、ほぼ等しい。

・常温・常圧において
鉄筋と普通コンクリートの熱膨張率は、ほぼ等しくなっています。よって適切な肢です。


コンクリートの引張強度は、圧縮強度より大きい。

・コンクリートの
引張強度は、圧縮強度より小さくなります。よって不適切な肢です。



宅建過去問 税・その他TOPページ

幸せに宅建に合格する方法TOPページ


produced by 宅建合格!常識破りの宅建勉強法