宅建試験 教育訓練給付制度


資格を取ろうとする人を支援する制度として「教育訓練給付制度」というものが存在します。雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的としており、一定の手続きをすれば、宅建の予備校や通信講座の受講料の80%(上限20万円)が国から支給されます。お金と時間には余裕がある!という方は、この制度を利用して宅建の予備校に通ってみるのもいいかもしれませんね。しかし、この制度も全ての人が利用できるわけではありません。

支給対象者

1.雇用保険の一般被保険者(在職者)
予備校や通信講座を受講する開始日において、雇用保険の一般被保険者である期間が5年以上である人。転職などによる空白期間は1年以内であれば通算できます。

2.雇用保険の一般被保険者であった人(離職者)
離職日の翌日から、予備校や通信講座を受講する開始日までが1年以内で、かつ、雇用保険の一般被保険者であった期間が5年以上である人。空白期間は1と同じ。

ご自分に受給資格があるかどうか分からない場合は、ハローワークで支給要件を照会することができます。ハローワークや予備校の窓口で「教育訓練給付金支給要件照会票」という用紙をもらえますので、それを郵送などでハローワークに提出してください。回答書が返ってきます。ハローワークの場所等の検索はこちらからどうぞ。

ハローワークインターネット

申請方法

受講開始前に、教育訓練給付制度を利用する旨を、予備校等に申し出ます。
この時点では、受講料は自己負担です。

そして、全講義を受講した後に、受給を申請します。出席日数を満たすなどの条件をクリアしないと、受講修了とみなされないので注意です。受講修了日の翌日から1ヶ月以内に、本人の住所を管轄するハローワークに必要書類を提出してください。

詳しい手続きや必要書類は、各ハローワークまでお問い合わせください。

利用できる講座

利用できるのは、労働大臣が指定する講座のみです。同じ宅建予備校や通信講座の中でも、指定されている講座と、指定されていない講座があります。

指定の有無は、気になる予備校や通信講座に、個別に問い合わせてみてください。また、厚生労働省のHPで、指定講座の一覧を見ることもできます。

厚生労働省

さらに、ハローワークにも「指定講座一覧」が備えつけられていますので、機会があれば参照してみてください。



幸せに宅建に合格する方法TOPページ


produced by 宅建合格!常識破りの宅建勉強法