宅建本試験直前にやっておくべきこと


既に十分な実力がある人は、今までに覚えたことの総復習。まだ合格レベルに達していない人、微妙なラインの人は勉強時間を増やしてとにかく知識を詰め込む。

これは皆さん当然にやることですよね。
しかし、とても大切なことをやらずに宅建試験に臨む方が大勢います。

それは、「
本試験同様に2時間で50問を解いてみる」ということです。

本屋さんで1000〜2000円くらいの模擬試験風の宅建問題集を買ってきても、見たことがある問題ばかりの当ホームページの過去問でも構いません。とにかく50問を宅建試験本番さながら、時間を測って解いてみてください。

せっかく宅建合格レベルの知識があるのに、半分解いたところであと30分だった!なんてことになったら大変です。必ず時間配分はチェックしておいてください。

今の自分の実力で何分余るのか。
どのくらい時間が足りないのか。
どのくらい余裕をもって考えることができるのか。
どれだけ急ぐ必要があるのか。

必ず最低一度は体感しておいてください。そして、できれば二度三度は本番風を繰り返し、どこから取り掛かれば効率が良いのか解き方のコツを掴んでください。

問1の権利関係から解いたら、難しい権利関係に時間をかけすぎて宅建業法でケアレスミスを連発、バタバタの2時間でした・・。問26の宅建業法から解いたら、頭がスッキリしているうちに簡単な宅建業法をすいすい解けて時間も稼げました!

同じ問題を解いても時間効率、脳の疲労度が段違いですね。どこから解くのが自分に合っているのか、必ず確認して練習しておいてください。

より万全を期す場合は、本試験と同じ午後1時から解いてみてください。起きてから数時間後の午後1時の脳の働き具合は?お腹の空き具合は?12:30までに着席ってお昼ごはんには微妙な時間ですよね。

12時頃までにしっかりと昼食を食べて会場へ向かい、本番に臨むか、お腹を空かせて本番に臨み、15時過ぎにホッとのんびり昼食を摂るか。お腹がいっぱいだと眠くなり、お腹が空いていると集中力がなくなると言われていますので、私のおすすめは「軽い昼食」を摂っておく、です(笑)

しかし、そこは自己管理のできる大人の皆さんの判断に任せます。何時に起きればいいか、どれだけ食べておけばいいか、午後1時にどのような状態にもっていくのが自分にはベストなのか、本試験前に是非一度試してみてください。

1.
宅建合格に必要な知識をインプットし、
2.
遠回しに聞いてくる本試験問題に対応できるよう練習し、
3.
2時間で50問を解けるようにする。

多くの方々の勉強が1番2番止まりですが、合格には3番までが必要となります。本番をシミュレーションして、確実に宅建合格を勝ち取ってください。

過去問を90分で解けるようになれば、もう宅建合格は目の前です!



幸せに宅建に合格する方法 TOPページ

produced by 宅建合格!常識破りの宅建勉強法