宅建試験地域別合格実績


最高合格率 最低合格率
平成9年 徳島県(16.5%)  沖縄県(9.3%)
平成10年 東京都(16.0%)  岩手県(8.5%)
平成11年 高知県(18.6%)  沖縄県(11.1%)
平成12年 高知県(17.8%)  岩手県(11.2%)
平成13年 高知県(17.6%)  沖縄県(9.5%)
平成14年 鳥取県(19.2%)  島根県(12.8%)
平成15年 山形県(18.4%)  沖縄県(11.0%)
平成16年 香川県(17.6%)  秋田県(11.6%)
平成17年 鳥取県(19.2%)  沖縄県(12.2%)
平成18年 島根県(20.7%)  沖縄県(10.8%)
平成19年 鳥取県(19.7%) 沖縄県(12.4%)
平成23年 東京都(17.9%) 山梨県(11.6%)
平成24年 高知県(18.5%) 福島県(12.7%)
平成25年 福井県(20.0%) 山梨県(11.8%)
平成26年 高知県(20.8%) 佐賀県(10.9%)
平成27年 香川県(17.5%) 秋田県(11.1%)
平成28年 鳥取県(18.2%) 福島県(10.6%)

面白いデータです。四国勢が強いですね。
特に高知県の3連覇はお見事です。

暑くても寒くても勉強に集中できないのでしょうか…東北と沖縄の合格率が低めですね。東北の皆さん、沖縄県の皆さん、がんばってください。

ちなみに合格者数では、
受験者数の多い東京、神奈川、大阪あたりが毎年トップ3を占めています。



幸せに宅建に合格する方法TOPページ

produced by 宅建合格!常識破りの宅建勉強法